インポ、EDの悩みを医者に頼らず自宅で治す方法-性欲低下、中折れ、勃起不全解決ナビTOP > 使ってほしくない勃起薬の危険性 > PDE5という酵素の存在

PDE5という酵素の存在について

 
みなさんは「PDE5」という酵素の存在をご存知ですか?

おそらく大半の方は知らない名前だと思います。

「PDE5があるなら、PDE3とかPDE4とかはあるのか?」
という素朴な疑問が出てきるかと思いますが、実はあるのです。

それも人の体の中に存在しています。

実はこの「PDE」というのは酵素の名前でして、3とか4とかいう
数字が人体のどの部分で存在しているかという区分を数字で表して
いるのです。

そして、この酵素の中の「PDE5」というのが人体のペニスや肺動脈
に存在しています。


PDE5は当サイトの目的であります「医者に頼らずEDを治す」という
主張の中で非常に大切な存在になる
のですが、実はバイアグラ等の勃起薬は
このPDE5の働きを阻害させるような作用があります。

もう少し詳しく述べますとPDE5という酵素はペニス内の勃起を抑制する
ような働きをします。

「勃起させたいのが目的なのに、勃起を抑制するPDE5って何?」と
思われるかもしれませんが、こう考えてください。

■正常な勃起をする男性
  勃起する力 >PDE5の抑制力

■EDになっている男性
  勃起する力 < PDE5の抑制力

こんな状態ですので、バイアグラに代表される勃起薬は、そのEDになっている
男性のペニス内の力関係を正常にするためには
「PDE5の力を薬で弱めてあげたらいいじゃないか」
こう考えるわけです。

よって、このPDE5の力を弱めるような働きを薬の飲用で達成させようと
します。

このことが人体に日を追うごとに何らかのダメージを与え、「がん」という
思わぬ結果を招くことになる可能性を高めるかもしれない!という情報が
スウェーデンのある研究で行われたこの事実をあなたはどう受け止めますか?

PDE5に関しては当サイトでおすすめランキング2位の
中折れを解決!硬度と持続力を復活させる極秘テクニック
の教材の中で詳しく説明されています。

いずれにしましても、「その時だけよければいいか」的な一時の安易な対応の
連続が思わぬ結果を招くかもしれないというおとを十分心に留めておいて頂き
たいと思います。

















使ってほしくない勃起薬の危険性記事一覧

勃起薬を使うこととガン発症の関連性

バイアグラ、レビトラ、シアリスどの勃起薬を使用しても凡そ、その目的(性行為中に勃起させるということ)は解決できるかと思います。 ...

PDE5という酵素の存在

みなさんは「PDE5」という酵素の存在をご存知ですか?おそらく大半の方は知らない名前だと思います。「PDE5があるなら、PDE3とかPDE4とかはあるのか?」と...

ジェネリック医薬品「カマグラ」の誘惑

バイアグラに代表される勃起薬は様々な点で人体によくない影響を与え、それが常用化されると最終的にはガンの発症との関連性もあるのかも?という情報を述べてみましたが、それでも世間...