インポ、EDの悩みを医者に頼らず自宅で治す方法-性欲低下、中折れ、勃起不全解決ナビTOP > インポ、EDと生活習慣病 > 男性の更年期障害「LOH症候群」を放っておくリスク

男性の更年期障害「LOH症候群」を放っておくリスクについて

 
「インポ、EDと生活習慣」についてまずあげられるのは「血液」である
と述べましたが、次に注意しておきたいことがあります。

みなさんは「更年期障害」と聞くと「それは40歳頃から出てくる女性特有の
症状でしょ」とコメントされる方が圧倒的に多いかと思いますが、
実は更年期障害というのは男性にもあるのです

男性であれ、女性であれ年齢を重ね、40歳くらいになりますと体内のホルモン
のバランスを崩す傾向にあります。

男性に関しましては、体内にあるテストステロンというホルモンが年齢を重ねる
ごとに次第に減っていく傾向にあります。

この「テストステロン」なるホルモンが日頃の活動への「やる気」「元気」
に非常に密接に関わっています。

ところが40歳、50歳くらいになりますと

「なんとなく気力が湧かない」

「朝起きるのが毎日だるい」

「なんか毎日理由もなくイライラする」

などといういわゆる習慣的な「けだるさ」を実感するようになります。


























それには当然、日頃のストレス等の精神的な要素もありますが、ここで述べており
ますテストステロンというホルモンの減退が実は大きな要因になっているというのが
隠された重大な事実なのです。

これがいわゆる男性版更年期障害「LOH症候群」と言われています。

このLOH症候群は気力減退等を招くだけでなく、やはりEDという性機能にまで
影響を与える可能性が高いのです。

また、女性の更年期障害には閉経という体の変調と密接な関係があり、女性の
障害はその閉経とともに一気にガクンと体調が変調しますので、自覚症状も強いのですが
男性がやっかいなのはこのようなガクンと来るような現象ではなく、次第に体調が
すぐれなくなるという状態になりやすい為、ED、インポを発症する直前になっても
自覚しにくいという問題があります


特に元来「エネルギッシュとはいえない」方はそのテストステロンの落ち加減が自覚
しにくいようですので日頃のご自分の体調をよく観察していく必要があります。

その前にやはり当サイトとしましては、そのような男性ホルモン減少のスピードを極力
阻止し、できるだけ自然なやり方で、みなぎる気力、体力を回復させる為にも

AV男優直伝!長年の経験から編み出したインポ回復方法

中折れを解決!硬度と持続力を復活させる極秘テクニック

をおすすめします。

「AV男優直伝」の方は体力アップと長年の経験から効果のある食材の紹介を
している点がおすすめ。

「中折れを解決」の方は食材、食事に関して徹底的に実践で追及し、効果のあった
ノウハウだけを教えてくれる点がおすすめ。

いずれにしましても薬の飲用ではない自然なやり方での「インポ、EDの治し方」
を学んで頂ければと思います。

安易に薬に手を出す前に、行ってほしいノウハウは世の中たくさんあります。





インポ、EDと生活習慣病記事一覧

インポ、EDと生活習慣病のキーワードは「血液」

あなたが今、抱えているインポ、ED、中折れという症状と高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病とは関連性があるのでしょうか?一見、ないように思いますが、結論的には非...

男性の更年期障害「LOH症候群」を放っておくリスク

「インポ、EDと生活習慣」についてまずあげられるのは「血液」であると述べましたが、次に注意しておきたいことがあります。みなさんは「更年期障害」と聞くと「それは40歳頃か...