インポ、EDの悩みを医者に頼らず自宅で治す方法-性欲低下、中折れ、勃起不全解決ナビTOP > インポ、EDと生活習慣病 > インポ、EDと生活習慣病のキーワードは「血液」

インポ、EDと生活習慣病のキーワードは「血液」について

 
あなたが今、抱えているインポ、ED、中折れという症状と
高血圧糖尿病高脂血症などの生活習慣病とは関連性があるの
でしょうか?

一見、ないように思いますが、結論的には非常に密接な関連性があります。

いずれもキーとなる言葉は「血液」です。

言わずもがな、生活習慣病になっている方の血液の状態というのは
一般的な健康体の方の血液状態とは内容を異にしております。

いわゆる「サラサラ血」と「ドロドロ血」という言葉で表現されるように
生活習慣病を抱えている方は「ドロドロ血」傾向にあります。

では、この「ドロドロ血」がなぜ良くないのかと申しますと、血管内での
流れを停滞させてしまう要因になるからです。

人間の血液内には様々な働きをする成分が含まれているのですが、血液の
流れが悪いと、当然のことながら、十分な働きができないようになって
しまい、結果として体調の不良を招いてしまいます。

また、ここからが重要ですが、性器周辺に張り巡らされている動脈の
直径と、他の臓器周辺に張り巡らされている動脈の直径を比較しますと
性器周辺の動脈の直径の方がより小さいという事実があります。



・陰茎動脈で直径約1〜2mm

・冠動脈で直径約3〜4mm

・内頸動脈で直径約5〜7mm


となっています。

これはどういう解釈をすればいいかと申しますと、インポ、ED、中折れ
などの症状を抱えているということは、若干血液の「ドロドロ血」化の
傾向にあるという判断ができるのです。

よって、その「ドロドロ血」が発展しますと、当然のことながら冠動脈や
内頸動脈へも影響が出る可能性が高まるということなのです。

結果、生活習慣病まで発展する可能性がインポ、EDを発症した段階で
わかってしまうということなのです。

ですから、ご自分の精力が減退し、勃起力が急激に衰えた時に、「年だから」
と言って放っておくことは極めて危険
なのです。

逆に申しますと、インポ、EDの段階で症状を改善しておけば生活習慣病
になるのを未然に防ぐことにもなるのです。

是非、これを機会に体調の改善を目指していきましょう。

但し、ここで安易に「薬による治療法」に手を出すことは当サイトでは
おすすめしておりません。

たしかに、薬による治療は劇的に短期間に症状を改善する効果を期待
できるかと思いますが、その陰には「副作用」という魔物の存在も
ないとは言えません。

長年蓄積してきた体調の不良がそんなに短期間に改善すること自体、
自然界に生きる人間の体としては極めて不自然なことなのです。

よって、ご自分で食生活、運動などで自然と日々改善していく方法を
採用していく方が体にとっても非常にうれしいことなのです。

さて、あなたはどちらの選択肢を選ばれてもいいのです。

決断はあなたに委ねられています。


■当サイトでおすすめの血液改善からインポ、EDを解消していくノウハウ

 中折れを解決!硬度と持続力を復活させる極秘テクニック








インポ、EDと生活習慣病記事一覧

インポ、EDと生活習慣病のキーワードは「血液」

あなたが今、抱えているインポ、ED、中折れという症状と高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病とは関連性があるのでしょうか?一見、ないように思いますが、結論的には非...

男性の更年期障害「LOH症候群」を放っておくリスク

「インポ、EDと生活習慣」についてまずあげられるのは「血液」であると述べましたが、次に注意しておきたいことがあります。みなさんは「更年期障害」と聞くと「それは40歳頃か...