インポ、EDの悩みを医者に頼らず自宅で治す方法-性欲低下、中折れ、勃起不全解決ナビTOP > インポ、EDにまつわることあれこれ > 産経新聞の掲載「EDは脳梗塞や心筋梗塞の前兆?」

産経新聞の掲載「EDは脳梗塞や心筋梗塞の前兆?」について

 
平成25年11月9日の産経新聞にこんな記事が掲載されて
いました。





















新聞紙上でも普通にED、インポのことが語られるようになっています。

原稿を書かれているのは関西で開業されているお医者さんです。

掲載内容を簡単にまとめますと


ED患者は年々増えている

30〜50代の男性が奥さん、彼女とともに診察を受ける
 ことが多くなってきた

患者の男性は大半がうつむき加減で恥ずかしそうな方が多い

EDはなぜ発症するのか?
 それは「血管老化すること」から起こる


陰茎動脈の血管の直径は1〜2mm
 心臓周囲の動脈は3〜4mm
 脳は5〜7mm

よって、生活習慣病等で全身の血管の老化が進行すると
 もっとも直径の小さい血管から異常を生じる可能性が高い


脳梗塞、心筋梗塞を起こした人にヒアリングすると「前から
 EDだった」という人が多い
















こんな内容が書かれていました。

勃起不全になった時、「まあいいや」的な考えを持っていると、後々
大変なことになる可能性があることを示唆しています。

また、記事内ではバイアグラなどの適正な処方を勧めています。

ドクターなら当然のアドバイスかと思います。

この記事で印象的だったのは、血管を中心にして、なぜこのような症状
になっていくかという所を書かれている点です。

これは、当サイトおすすめランキング第2位の「中折れを解決!硬度と
持続力を復活させる極秘テクニック」のトレーニング内容の中にも
発症のメカニズムが詳細に書かれており
非常に共感できる部分です。

ただ、治し方が当サイトでのおすすめ方法とは違います。

中折れを解決!硬度と持続力を復活させる極秘テクニック」では
体の中のある臓器を元気にさせるデトックス法を基本に勃起力を
回復させようと提唱しています。

できることなら、体の力を回復させるには負担を少なくして自然な
形で修復していきたいものです。

ただ、日々の生活の中で治して行く作業はどのような方法をとっても
根気にいる作業になるのは当然です。

バイアグラで治療するか?

デトックス法で復活させるか?

どちらの方法もメリット、デメリットがあるかと思います。

さて、あなたはどちらを選択しますか?






インポ、EDにまつわることあれこれ記事一覧

週刊現代で掲載「80歳でもセックス・・・生涯現役のすすめ」

2013年6月8日号にデカデカと出ていました。「80歳でもセックス・・・生涯現役のすすめ」 ...

週刊現代で掲載「口でするセックス」のすすめ

またまた週刊現代の記事ですが、2013年7月6日号に興味深い記事が掲載されていました。「口でするセックス」という題名でしいたが、既に読まれた方も多いかと思いますが、...

産経新聞の掲載「EDは脳梗塞や心筋梗塞の前兆?」

平成25年11月9日の産経新聞にこんな記事が掲載されていました。新聞紙上でも普通にED、...

夏が近づくとインポ、ED症状の来院者が増える!?

春先から親しくなった彼女と、晴れて交際がスタート!!しかし、夏が近づく時期になると次第に襲いかかるEDに対する悩みを抱えている方が実は多くおられるようです。そし...